レディー

進化するタトゥー除去|傷跡が残りにくい方法とは?

確実に大きくする方法

バスト

女性特有の悩みのひとつが、バストサイズに関する悩みです。バストサイズが小さいことを長年コンプレックスに感じているのであれば、ほぼ確実にバストサイズを大きくできる豊胸手術を検討してみるとよいでしょう。

詳細へ

傷跡が残らない方法もある

刺青の入った女性

日本ではタブー視されがちなタトゥーですが、若い世代の間ではファッションの一部として親しまれています。タトゥーのデザインは自分の好きなように決めることがほとんどで、センスのよさをアピールすることのできるものでもあるのです。基本的には一度入れたら一生消えることがないものなので、ファッションの一部とはいえ気軽にできるものではありません。また、日本国内ではプールや温泉などの施設を利用できなくなるなどのリスクもあります。すべての施設が入場禁止というわけではありませんが、現状ではどちらかというと入場禁止である施設の方が多いです。このようなことがあるため、結婚や子どもが生まれたことなどをきっかけにタトゥー除去をしたいと希望する方が多くいます。少し前までは皮膚を切り取るなどの傷跡が残る方法しかなかったのですが、最近はレーザーを使用した傷跡が残りにくいタトゥー除去方法が確立されています。色によっては対応できないことなどもありますが、黒一色で小さめのものであればレーザーによるタトゥー除去がおすすめです。タトゥーが広範囲である方や、すぐに消してしまいという方は傷跡が残りますが皮膚切除がよいでしょう。傷跡が消えるまでの時間は掛かりますが、確実なタトゥー除去方法と言えます。このように、除去にあたって希望する条件によって最適な除去方法は変わります。美容整形外科では複数の除去方法を用意しているところがほとんどなので、いくつかの方法の中から最適なものを選ぶことが可能です。医師との相談が大切になりますので、しっかりと希望を伝えて除去方法を選択するようにしましょう。