ウーマン

進化するタトゥー除去|傷跡が残りにくい方法とは?

眠そうな目を改善

フェイス

人の目はそれぞれに個性があり、二重の方もいれば一重の方もいます。中には眠たそうな目と言われる方もいて、そのような方は常に目が半開きの状態であることが多いです。このようにまぶたが重たそうに下がっている場合、眼瞼下垂という症状を引き起こしている可能性が高いでしょう。目をしっかり開けている状態でも黒目の半分ほどが上まぶたで隠れてしまっている場合には、眼瞼下垂の症状を疑うとよいです。眼瞼下垂は誰にでも起こる可能性のある症状ですが、コンタクトレンズの長時間着用や逆さまつ毛のある人が発症しやすいと言われています。また、加齢やまばたきによっても発症する可能性があるのです。さらに、頭痛や肩こりの原因でもあるということが言われています。この眼瞼下垂は症状が軽ければ、メスを使用せずに治療することが可能です。メスを使用しない方法の場合は糸による治療になります。まぶたがしっかりと開くように糸で止めるという方法で、腫れや内出血が比較的少なく済むのが特徴です。また、万が一仕上がりが気に入らなかった場合でも、糸を外せば簡単に元に戻すことができるのです。このように、手術後のダウンタイムが少ないことと修正が可能であることがメリットと言えるでしょう。メスを使用する方法の場合は重度の眼瞼下垂でも対応することができ、比較的長期間効果を発揮し続けることがメリットです。症状の度合いによっても変わりますが、それぞれのメリットを比較して自分に最適な方法で治療することをおすすめします。